ゆきとかぜとうみ

何かもそもそ書いてます。☆感謝。

SNSで言うことでもないので匿名でつぶやく。

君の言うことはいつも正しい。
合理的で無駄がなく、データの出典元も完璧。
非の付け所のない正論だ。

けどな。

“正しい”
がいつも、その場において
“最適解”
というわけではない。

“正しい”
を受け取る準備のない人間にいくら正論を吐いても、
“最適解”
は遠のくだけなんだ。


この間、
「『ばか』って言う奴がばかなんだよー!」
っていう、子どもがケンカでよく使う捨て台詞の真意が、
思わぬ所で腑に落ちた。

本当に賢い人というのは、
馬鹿に対してわざわざ「馬鹿」と言わないものなのだと。
人をわざわざ蔑むのは、小物のすることなんだと。



お題「どうしても言いたい!」

上を見てもキリがないけど、見ないで生きるのもどうなのよ。

他人と比べると劣等感ばかり浮かぶ。
人と会わなければそれは感じなくて済む。
それは楽だけど、それでいい?


嫌だ。


みじめになっても泣きたくなっても
それは自分が馬鹿だからで、
あからさまに不当に踏みにじられてるんでなければ*1
私は誰かと関わることをやめない。



ていうか、正月以来かーーー!
ほったらかしてるなとは感じていたけど、こんなにー!

*1:実はこれ、ちゃんと場数を踏んでないと、踏みにじられてるかどうかもわからないんだよね。最近ちょっとわかった。

2018年の抱負

あけましておめでとうございます。
ブログの更新はめっきり減ったけど(2回目)、1年の抱負はちゃんと書くよ。

テーマ『1歩進めば2歩目もいける。ぶれずに、おごらず、しなやかに』

続きを読む

2017年を粛々と振り返る、2

6月末に書いたこの記事から、この半年と1年を2日に分けて振り返ります。
今日は後半。

続きを読む

2017年を粛々と振り返る、1

ブログの更新はめっきり減ったけど、1年の総括はちゃんとするよ。
6月末に書いたこの記事から、2日に分けてこの1年を振り返ります。

続きを読む

湖畔にて

あなたの寂しさを
遠くから眺めて
けど けっして
寄り添わない

あなたの寂しさは
あなたのもので
あなたに寂しさを
与えた人のもの でもある

それが私でないのなら
その寂しさには近づかない
遠くから
あなたが振り向くの 待ってる

私がブログを書きたくなる時

書きたいことができたけど、SNSなど知り合いがいるところでは書きづらい時、
誰にも知らせていないアカウントのブログは便利。
通りすがりの知り合いが見てもうっかり身バレしないように書くのは、なかなか氣を使いますが。

…ところが。
最近は、SNSとブログで書いていることにあまり差が無くなってきました。
完全に身元を特定されることは避けたいけれど、
そこまでガードを固めなくてもいいのかな、と。
そろそろブログやめてもいいかな、って思ったけど、
今日みたいにとりとめもなく書きたい時は、残しておいてよかったかもって思う。


今週のお題「私がブログを書きたくなるとき」