読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきとかぜとうみ

何かもそもそ書いてます。☆感謝。

ザセツするほど何かを追ったことがない

つらつら お題

昔から、何をするんでも対象に対する熱量が低く、
冷めてる と言われることが多いのです。
(卒業文集の将来の夢欄に“ふつうに生きる”と書いた人)

続きを読む

フィクションはフィクションにあらず

つらつら

もう、7月後半ー。

フィクションを書いています、こっそり。
フィクションって日本語に直すと“架空”ってことなんだけど、
全く架空には全然ならなくて。
自分の体験を核にして、核が見えなくなるまで適当に肉付けしたり、
自分の身に起こった出来事を別の誰かに映像で見せてその感想を語らせるようにしたり、
結局のところ自分の中に無いものってなかなか書けないんだなーと。
難しく感じながらもそれなりに楽しい時間を過ごしています。
インターネット上でお披露目することはきっとないのだろうけど。

あ、これを機に文章の文字数がカウントできるアプリを導入しました。
原稿用紙1枚分って結構書くんだね…
これも結構頑張って書いたつもりなのに、前の行までで290文字ちょっと(改行、句読点込み)だってさ。

 

2016年を半分振り返る、3

お題 つらつら

2016年を半分振り返る、1 - ゆきとかぜとうみ
2016年を半分振り返る、2 - ゆきとかぜとうみ
の続き。

年初の記事
2016年やること - ゆきとかぜとうみ
から、上半期を振り返る。

テーマ『振り幅広く、芯はブレず』

続きを読む

2016年を半分振り返る、1

お題 つらつら

年初の記事
2016年やること - ゆきとかぜとうみ
から、上半期の振り返り。

テーマ『振り幅広く、芯はブレず』

続きを読む

飽きてないしやめてない

つぶやき

お題をきっかけに書くことが多いのに、お題がしっくり来ないとこうなります。
アプリにも危うく忘れられるところだった。
ちゃんと生きてまーす

まだまだ花見は継続中

お題 つらつら 写真

なんですが、
とりあえず4月末からの花見の記録をコラージュ。

f:id:yamyaml:20160517225920j:plain

今年はほぼ咲き初めから終わりまで桜を観ていました。
こんなに桜ばかり観た年も珍しいのではないかしら。
(この写真も、8枚中7枚が桜)
つぼみも三分も満開も、風で落ちた花も枝に残されたがくも葉も皆美しく。

散る桜 残る桜も 散る桜(良寛

を奥歯で噛み締めながら(実は結構寒かった)樹の下を歩くのは、とても氣持ちが良かったです。
寒かったけど。


暖かくなったのを見越したかのように、明日からは大通公園ライラックまつりが始まります。
今週は天氣良さそう(というか暑そう)なのでまた出かけてきます(人´ з`*)♪
いい香りだと思って花に顔を近づけると、たまに蜂やあぶがいるから氣を付けよう!


今週のお題「植物大好き」