読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきとかぜとうみ

何かもそもそ書いてます。☆感謝。

「お金は目的ではなく、目的を達成するための手段であり道具。」

つらつら

先日たまたま見た2時間ドラマ(再)の中で、主人公と対峙する悪い人が言っていたセリフ。
これがきっかけで、ここ数日もやもやしていたものが形になりそうなので書いてみる

懸賞に応募したらいつの間にか来るようになったネットビジネス系のメルマガ。
(メルマガ登録が懸賞応募の条件だって文言を見落とした私の落ち度です)
最初のうちは面白くていろんな人のメルマガを登録していたんですけども、そのうち

メルマガ内の無料情報のリンクをクリック

やけに目立つ見出し(何でこんなに任侠調なのばっかりなんだろう)のサイトに飛ぶ

「この方法はこんなに儲かる」的なことが書いてあったり動画があったりする

「さああなたも一緒にやりませんか」
とか
「続きはメルマガで!」
みたいな感じでメールアドレスの記入欄がある

メルマガ届く

の無限るーぷにはまっていることに氣が付きました(´・ω・`)
これ、延々とやってたら、登録したメルマガに目を通すだけで一日終わっちゃうよ?

メルマガの文章は確かに楽しいんだけど
(面白い話の出囃子を冒頭に持ってきて、間に広告を挟むのがパターンらしい)
よくよく広告内容を見てみたら、仲間内の宣伝しあいのような氣がする…
門戸が開かれているようで、実はそうでもないのかも。


30歳を過ぎた頃から、ものごとを選ぶ時に基準としていることがいくつかあります。

シンプルかどうか。

客観的に見て美しいかどうか。

心の底からうなづけるか。

私には、ささやかだけどやりたいことがあります。
そのためにはお金が必要。
でもそのお金を得るための手段としてネットビジネスを選ぶことは、
その先に例え別の目的があるとしても私の心が“YES”とうなづけないのです。
その理由は、案外こういうところにあるのかもしれません。




ここでひとつ反省。
“客観的に見て美しくない”と私が思っていることのひとつに
「満月に向かってお財布を振る」
という行為があるのですが、
目の前の欲にくらんで、一度家族に勧めてしまったことがあります。
街中でやっている人たちに出くわして、いたたまれない氣持ちになったのに…
それ以来、せめて自分の基準には正直でいようと思いました。
改めて反省。