読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきとかぜとうみ

何かもそもそ書いてます。☆感謝。

何だかんだ言っても言葉が好きなのです

つらつら

活字を追うが好きなのは、語彙が増えると楽しいから。
語彙が増えると楽しいのは、自分の氣持ちにより近い言葉が見つかると嬉しいから。


インターネット上で日記らしきものを付け始めてから、氣付いたら10年以上経っていました。
はてなは3か所目…いや、レンタルCGIとかホームページを含めたらもう少し多いな
それまでの反省から
「私が、ブログが続かない理由として考えたいくつかの問題(※)」
を全て取り除いて始めたのが記録用ブログ
今月末で丸5年経ちます。大っぴらに書いているものとしては自己最長。
ってことは、5年前の私の予測はあながち的外れでもなかったのですね( ^-^)
※)今となってはうろ覚えなんだけど
毎日書くことがない → 食事記録なら付けられるだろう
コメントの返信が遅れるのが心苦しい → コメント欄非表示にしちゃえ
もう少し氣楽に書きたい → 携帯メールで更新できるところにしよう
だったような氣がする


あちこちで書いたり消したり(これが氣軽にできるのがブログのいいところだと思うのね)は繰り返しているんだけど、実は途切れたことは一度もなくて、
常にどこかでもそもそと書き散らしているのです、10年以上も。
好きだし楽しいのも当然だけど、“必要”なんだろうな。
現代社会に身を置いていると、どうしたってインプット優位になってしまうから、意識的にアウトプットしていかないとバランスが取れない。
ため込んでいると、心身にいろいろ不具合が出てきます。

時々読むブログで
「ものを書くのはうん○を出すのと同じ」
って書いている方がいたけど、本当その通りだと思う。
本来排泄されてしかるべきもの、ためたら身体に毒なのね。ぶつぶつ出るし


だからこそ、もったいないと思うんです。
すげー とか やばい とか カワイイ とか いいね! で全部済ませてしまうのは。
自分で選んで口に運んで噛み砕いて飲み込んで吸収して、消化されたもんってたかだかこの程度か?
いや、私の書いてることはたかだかこの程度でいいけど、
でもそれはいつも「やばい」「いいね!」「カワイイ」「すげー」だけで出来ているわけではない、ってことだけは声を大にして言いたい。
単純に見えて実際かなり単純だけども、さすがにそこまで単純ではないですよ。




…着地点が見当たらないので終わりー
携帯で長文打つのは、前後の文脈が見えづらくて大変です…
タブレット端末の画面の大きさだけは魅力。