ゆきとかぜとうみ

何かもそもそ書いてます。☆感謝。

フィクションはフィクションにあらず

もう、7月後半ー。

フィクションを書いています、こっそり。
フィクションって日本語に直すと“架空”ってことなんだけど、
全く架空には全然ならなくて。
自分の体験を核にして、核が見えなくなるまで適当に肉付けしたり、
自分の身に起こった出来事を別の誰かに映像で見せてその感想を語らせるようにしたり、
結局のところ自分の中に無いものってなかなか書けないんだなーと。
難しく感じながらもそれなりに楽しい時間を過ごしています。
インターネット上でお披露目することはきっとないのだろうけど。

あ、これを機に文章の文字数がカウントできるアプリを導入しました。
原稿用紙1枚分って結構書くんだね…
これも結構頑張って書いたつもりなのに、前の行までで290文字ちょっと(改行、句読点込み)だってさ。