読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆきとかぜとうみ

何かもそもそ書いてます。☆感謝。

家電を買い替える。未来を考える。

今年は、10~15年に一度のスパンでやってくる家電買い替えの年になった。
我が家の家電は、代々皆長寿である。
メーカーさんの言う“耐用年数”の優に1.5~2倍は働いてくれる。
なのでいざ買い替える段になると、機能の進化と充実ぶりにおののくことになる。


例えば、ドライヤー。
前回買い替えたのは、『National』のロゴがなくなって間もない頃。
私が買った機種の一代前のには、確かまだ残っていたはず。
当時はマイナスイオンが出てくるだけで万円だったのに、今は3千円台でも当たり前の機能になってる。
買ったお店がずいぶん前になくなったのは、最近聞いた。

例えば、洗濯機。
乾燥機付きでもないのに風が出てくる。
すすぎの時になんとか除菌とかされた水が出る。
見た目は一周回ってシンプルになっているのに、至れり尽くせりの多機能ぶり。

20年近く働いた電子レンジ(90年代製造)に変わって導入されたオーブンレンジに至っては、
何をどうしたらいいか想像するだけで満腹で、結局ほとんどレンジ機能しか使っていない。


次にこの子達が代替わりする時、私は、家族は、何をしているのだろう。
未来に向かう底抜けの明るさよりも、切実さが身に迫る年齢になった。
いつまでもこの形ではいられないことに、皆、うすうす氣付いている。
それを確認せざるを得なくなった、今年の買い物だった。


特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット